本文へジャンプ

製品紹介

バリ取り機

バリトップA

特徴


  • 自動化による、作業効率向上 作業時間短縮=経費削減 1台で6人分の省力化(弊社開発事例による)
  • 4軸制御(CNC)で高精度な微細バリを省スペースで実現
  • 環境問題を考慮した省エネ設計
  • タッチパネルの簡単操作
  • 切削液を使用しないドライ加工
  • CNCによる、高品質な製品に仕上、バリを完全に除去し製品精度の向上
  • 正面開口部にライトカーテンを設置し、安全性の向上(ライトカーテンはオプション)

参考寸法


斜め交差穴のバリ処理


斜め交差穴のバリ処理(Aのみ)

角度の付いた治具を製作し処理を行います。
プログラム設定の中で穴角度を設定すると、本機は演算をしながら角度に沿った楕円加工を行ないます。

標準交差穴のバリ処理


標準交差穴のバリ処理

この種の処理は標準的なものであり付属の割出装置を使用することで、円周上のすべての内外部のバリ処理ができます。
プログラム設定の項目に数値入力することで全てのバリ処理が行われます。

楕円穴のバリ処理


楕円穴のバリ処理

このバリ処理は特殊な処理となります。標準プログラムでは処理できません。楕円処理用のプログラムソフトをインストールすれば、その設定項目に数値入力するだけで内外面のバリ処理が行なわれます。

工具の情報を登録する画面


【1】工具設定時に使用する管理番号です。
【2】画面右図の工具形状を選択します。
【3】画面右図を参考に該当する箇所の寸法を入力します。

自動運転する際の加工情報を登録


システム設定を行う時に表示する画面


パスワードを入力し一致した場合上記画面が表示されます。
変更されますと、運転の際に重大な問題が発生する場合がありますので、通常は変更しないでください。

自動運転を行う時に表示する画面


手動運転を行う時に表示する画面


ページトップへ